資産形成をする上で重要な2つの「胆力」について解説

貯金・投資
スポンサーリンク

いきなりですが、「胆力」という言葉を知っていますか?

「胆力」とは、ものに動じない気力のことを言います。

サラリー君
サラリー君

今月も無駄遣いしちゃって、貯金できなかったー。

これは、まさに資産形成に関する胆力がない状態です。

一般的にお金持ちになるためには、「稼いだお金を貯めて、貯まったら投資して増やす」というサイクルが重要です。

それには「お金を貯める胆力」「お金を増やす胆力」の2つの胆力が必要だと考えています。

  • 宝くじで高額当選したけど、破産した
  • 投資をしたけど、日々の値動きが気になって眠れない

これらは、まさにお金に関する胆力がない状態です。

「お金を貯める胆力」「お金を増やす胆力」は、資産形成の過程で徐々に鍛えられていきます。

要するに、お金を貯める・増やすにも、心の筋トレが必要だということです。

シューマイ
シューマイ

今回は2つの胆力について解説します。

スポンサーリンク
広告

お金を貯める胆力

まず、お金を貯めるために大事なのは、やはり先取り貯金です。

毎月、貯金する金額をあらかじめ決めておきましょう。

給与が支給された段階で、そのお金は貯金口座や証券口座に移すことで、先取貯金ができます。

サラリー君
サラリー君

めんどくさいから、毎月の残余金で貯金すればいいや。

月末に余ったお金を貯金するというやり方では、可能性はグッと低くなります。

多くの人は、お金があればある分だけ使ってしまいます。

シューマイ
シューマイ

昔、ボーナスを生活口座に入れてたら、いつの間にか無くなっていました‥。

でも、今を楽しみたい。お金を貯める人って真面目だよね。

サラリー君
サラリー君

よく「勉強をしている人は真面目」と同じくらいのトーンで、「貯金している人は真面目」という人がいます。

しかし、決して「貯金できる=真面目な人」ではありません。

貯金ができない人は、単に「お金を貯める胆力」がないだけです。

まさに、「勉強は苦手!」といって、10分も机に座れない状態と同じです。

「お金を貯める胆力」がないと、「今日は、特別に良いかな」と散財してしまったりします。

自由に使えるお金が減り、最初は我慢が必要ですが、貯金をしてみましょう。

貯金するメリットは大きいです。

  • 生活に余裕が生まれる
  • 長期的な目標を立てられる
  • 新しいことにチャレンジできる

まずは、月1万円からでも良いので貯金をするのをオススメします。

そして、貯金があるということの余裕を堪能してみてください。

これは私の経験則ですが、貯金を習慣化してしまえば、自動的にお金が溜まっていくので、将来への不安が劇的に軽減されます。

そして、必要以上にお金を使ってしまうと、罪悪感すら感じてしまうようになります。

貯金を継続していくことで、いつの間にか「お金を貯める胆力」が鍛えられます。

お勧めの家計簿アプリ

複数の銀行口座や証券口座などを1まとめにできる「マネーフォワードミー」はお勧めです。

無料版でも全然使えます

総資産が可視化さるほか、一日ごとの資産データをCSVデータとして吐き出すことができます。

シューマイ
シューマイ

家庭を経営していく上で、総資産の把握は必須です。

ぜひ、活用してみてください。

お金を増やす胆力

貯金が習慣化され、銀行口座にある程度のお金が貯まったら、投資をすることをオススメします。

使わないお金を大事に銀行口座に預けていても、利子が低くて、ほとんどお金は増えません。

むしろ、インフレ(お金の価値が下がる)により、資産が目減りする可能性もあります。

自分も働いているのだから、ぜひお金にも働いてもらいましょう。

サラリー君
サラリー君

投資って損することあるんでしょ?怖いなー‥。

投資をしていない人の多くは「損をするのが怖い」という気持ちがあるんだと思います。

これはまさに、「お金を増やす胆力」がない状態です。

やったことがないものは、不安になるのは当然です。

だからといって、ずーっと利回りがプラスになる投資商品はありません。

まずは月100円でもいいので、生活に支障がない余裕資金で投資をしてみることをオススメします。

やはり、ある程度とリスクを取らないと、お金は増えないのです。

シューマイ嫁
シューマイ嫁

昨日は1万円も下がったわ。投資を辞めたくなっちゃう。

これもまさに、「お金を増やす胆力」がない状態です。

すぐにお金持ちになりたい!」と、ほとんどの資産を株式市場に突っ込んだ場合、その値動きの大きさ(ボラティリティ)ビックリするかもしれません。

シューマイ
シューマイ

私も投資を始めた頃は1万円の資産変動で驚いていました。

今では1000万円以上運用しており、1日で数十万円の資産増減がある時もありますが、ほぼ動じなくなりました。

よく投資初心者がやりがちな失敗は、狼狽売りです。

狼狽売りとは、株価が急落したときに、その動きに慌てて売ってしまうことです。

この時、「お金を増やす胆力」 を鍛えていれば、物怖じせずホールドすることができます。

よく「投資は時間を味方につけて、複利の効果を最大限享受することが大事」といわれますが、徐々に資産形成していくことで、いつの間にか胆力も鍛えられていくのです。

まとめ

今回は、資産形成に必要な2つの胆力について解説しました。

2つの胆力は筋トレと同じで、習慣化することで徐々に鍛えられていきます。

ぜひ、最初に決めた自分の航路(目標)を守って、下落相場でも資産形成を継続していただければと思います。

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

【オススメ書籍】
【オススメ書籍】
貯金・投資
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
シューマイ@投資×子育て×ブログをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました